犬のご飯本・ハンドメイド服本がメイン。老犬介護本も増加中。犬が登場する小説・絵本なども。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
犬に本を読んであげたことある?
今西 乃子,浜田 一男
講談社
¥ 1,365
(2006-06-21)
表紙がかわいい。
毛むくじゃらな大型犬と金髪の少女が、一緒にのぞき込むようにして、絵本を読んでいる。

で、題名の問いへの答え「いいえ」。
犬に話しかけることは、日常茶飯事。
それも、しょうもないことばかり。(寒いねえ。夕飯なんにしよう。メンドクサイねえ。ちょっとあれどう思う〜怒!)
TVと会話する老人とまったく変わらないアタシですが。
犬に本を読んであげたことは、ない。

そして、疑問に思う。
「そんなことしてなんになる?」
犬は、人にかまってもらいたい動物だ。
だけど、本?
体使う遊びの方がいいんじゃない?

でも、全然違っていた。
犬のために読むんじゃない。
犬は、「聞いてあげる」お仕事をする、読書介助犬なのだ。

知的には問題がないのに、本(文字)がうまく読めない子どもがいる。
家庭環境が劣悪で、学校にまともに通っていない。
落ち着きがなく、教室にいても、学習内容が身に付かない。
母国語が英語でない。(アメリカの話)
こういった子どもは、年齢が進むに連れ、コンプレックスが大きくなっていくから、本を、文字を、学校を避けるようになっていく。

そこで、読書介助犬登場。
「この子(犬)に、本を読んであげて。」
大きな子が、幼児向けの本を読んでも、おかしくない。
だって、犬に読んであげるんだから。
つかえても、しどろもどろでも、犬は、絶対笑わない。
間違いを指摘しない。
イライラしない。
犬がどう思っているか、気にする必要は、まったくない。

聞き手が犬である意味は、大きい。
どんなに許容的態度をとったとしても、相手が人間なら。
子どもは、「聞いてもらっている」という意識がぬぐえない。
まだ字が読めない幼児であれば、「読んであげている」と思えるかもしれないが、この場合は、幼児が、じっと聞いてくれるかどうか。
犬は、顔をじっと見つめて、話を聞いてくれる。
もちろん、本当に理解しているわけではないけど。
でも、「わかってくれるの?」と錯覚させてくれる。
↑のアタシの、くだらない一人しゃべりだって、P太郎は、ちゃんと聞いてくれてる。
で、ちょっと首をかしげて見せたりする。
や〜〜〜ん、アンタだけよ、アタシをわかってくれるのは〜〜!
なんて、ジタバタしちゃったりする経験は、犬飼いなら、きっとあるはずなのだ。

それを訓練されたのが、読書介助犬。

でも、アニマルセラピーは、どれもそうだろうけど。
犬がいるだけじゃダメなのね。
犬の魅力を引き出し、それを人の役にたてるのは、人間の仕事。
この活動も、スーザンという人が、セラピー犬を使った活動をしたいという強い意志を持って、広げていったもの。
冷ややかな反応の周囲を説き伏せ、図書館、学校と、活動の場を広げ、今は、1000もの活動チームがあるらしい。
犬の本というより、この人の生き方に圧倒される本だった。


で。
さっそく読んでみた。


やけに、共感的態度で聞いている。
ひゃ〜〜。生まれながらの読書介助犬か?
と思ったら。
読み終ると、おやつ要求。
全然ダメじゃん。
[文芸]ノンフィクション comments(0) trackbacks(0)
天空の草原のナンサ デラックス版
連休用にDVDのご紹介。
「天空の草原」とは、モンゴルの草原のこと。
羊を飼い、草を求めて大草原を移動していく、昔ながらの遊牧生活を送る一家の物語。
一家の長女ナンサ(6歳)は、犬を拾う。
でも、父が、飼うことを許さない。
ナンサは、かくれて飼い始め・・・。

おお。
これって、世界中の子どもたちが一度は、体験すること?
ナンサは、たった6歳なのに、馬を乗りこなし、一家の働き手のひとりとして、実によく働く。
それは、遊牧生活では、ごく当然のことらしい。
日本の子どもとは、まったく違う。
だけど、かわいい子犬の魅力にあらがえないのは、世界共通なのね。

ナンサと犬との交流、そして、おばあさんが語る「黄色い犬の伝説」。
それが、この映画のストーリー。
と、言うこともできるのだけど。
実際、DVDの解説には、そんなことが書いてある。

それでも。
これは、犬の映画ではない。
監督が描きたかったのは、モンゴルの生活そのもの。
ドキュメンタリーのような撮り方。
登場する人々も、みな、俳優ではなく、本当の遊牧民なのだそう。

犬飼いとしては、当然、犬にばかり注目して見ちゃう。
そして、犬のツォーホルは、とってもかわいい。
それなのに、いつか、犬以上にモンゴルの大自然に、引きつけられている。
ナンサ一家の民族衣装の美しさ。
ゆったりした時間の流れ。
「ロハス」なんて、ペラペラの言葉では、とても表しきれない骨太さ。

そう、ストーリーなんて、関係ないの。
モンゴル草原とそこでの暮らしを味わうのが、正しい観賞方法。

だけどね。
最後には、なんだか、さびしくなっちゃうの。
悠々と続いてきた遊牧生活が、変わる時にきていることが、感じられてしまうから。
変わらないでほしい、とは言えない。
だって、じゃあ私が、そこで暮らせるかといえば、ノーだし。
たとえば、ナンサだって、学校に通うためには、6歳から親と離れて寄宿舎生活を送らなければならない。

ナンサが大人になる頃には、もう、この映像の自然も生活も残っていないかもしれない。
監督は、たぶん、それを否定も肯定もしていない。
変わらないものは、ない。
でも、今は、たしかにそこに存在している。
そんなメッセージが伝わってきた。

本も出ているけど、絶対DVDで。
この映像は、日本人の想像のおよぶものではないから。



原題は、Die Hohle des gelben Hundes(黄色い犬の伝説)。
こっちの方がいいのになあ。
もっとも、「黄色い犬」は、出てこない。
ツォーホルは、白黒ブチ犬。
言ってくれれば、黄色い犬、貸したのに〜〜。

が。
今、検索してみたら、ツォーホルは、パルムドール犬賞(パルムドッグ)を受賞だって。
おみそれいたしました〜〜っ。
- comments(0) trackbacks(0)
イヌネコにしか心を開けない人たち
「加熱するペットブームの背景にあるのは、心のゆとりではなくてむしろ心のすきまなのではないか」
と作者は考察する。
「心のすきま」として、「少子化」「関係欲求」「言葉によるストレス」が挙げられてた。

子どもがいない(手を離れた)から、イヌネコを飼う。
または、イヌネコで充たされてしまっているから、結婚しない・子どもを持たない。

それは、そうかも。
アタシも子どもいないし。
子どものかわりと思って、飼ったわけではない。
でも、泣き叫ぶ乳幼児の2〜3人も抱えていたら、そら、犬どころじゃなかっただろう。
そして、Pを飼い始めたころが、アタシの出産タイムリミット。
Pちゃんがいなくなっても、その心のすきまを埋めるために、これから子ども産むってわけにはいかない。
それなら。
今現在はともかく、今後のアタシは、たしかに、寂しさゆえに犬を飼うかもしれない。

二つめの心のすきま「関係欲求」とは、友達がほしい、人と関わりたい、という気持ちのことらしい。
人は、まったくの孤独には、耐えられない。
でも、「友達」「人」と付き合うのは怖いから、イヌネコと付き合う。
この場合も、イヌネコは、代替品なわけだ。

これは、アタシには、当てはまらないかな。
だって、Pちゃんをきっかけにして、たくさんの人と知り合えたし、友達もできたしね。
道歩いてて、知らない人に話しかけるなんて、あり得ない。(逆ナンかっ?)
でも、犬連れてると、挨拶したり、撫でてもらったり(犬がだよ)、話し込んじゃったり。
そんなことが、ふつ〜になっちゃう。
相手の性別も年齢も関係なし。
Pちゃんは、アタシの「関係欲求」をたっぷりかなえてくれてるよ。
だからといって、そのために、飼っているわけではないけどね。

そして、三つめのすきま「言葉によるストレス」。
「言葉は話さないが、あたかも言葉を一部、理解しているかのように反応してくれるイヌネコが最高のコミュニケーションの相手」。

うわっ。
これは、思い当たってしまった〜〜。
だって、アタシ、ひっきりなしにPちゃんに話しかけてるもんね。
オットにじゃなくて、Pちゃんに向かって。
だって。
オットは、返事するでしょ。
その返事が、アタシの期待していたものじゃなかった場合(たいてい期待はずれ!)。
むかつくじゃん。
で、ケンカになったりするわけよ。
だけど。
Pちゃんは、何も言わないからね。
アタシが、自分で返事も担当しちゃえるわけで。
「うん、うん、アンタもそう思っていたんだね〜〜」ってなもんで。
Pちゃんの態度を、自分にいいように、解釈できるもんなあ。


この本、簡単に読めて、けっこう、うなずけた。
でも、精神科医なんだから、もう少し深い心理分析を期待していたんだけど。
きちんとしたデータや実験に基づいた考察ではなく、身近な事例から推察しているだけ。
ちょっと、根拠が弱いのじゃないかと思われる部分もあった。
とくに、動物愛護の章は、全部ではないけれど、納得しかねる部分あり。
ナマイキな言い方で、スマンね。

*アマゾンへのリンクついでにレビューをのぞいてみたら。
 評判悪いね〜〜。
 そこまでひどいとは、思わなかったけどなあ。
[文芸]ノンフィクション comments(0) trackbacks(0)
名犬ランドルフ、謎を解く (ランダムハウス講談社 イ 2-1 黒ラブ探偵 1)
表紙買い。
買わずにはおれんでしょ。
あご乗せ黒ラブだよ〜〜〜。
なので、思いっきり大きく表示。


ミステリと猫は、相性がいいらしい。
たとえば、国内では三毛猫ホームズ、海外ではシャム猫ココ。
どちらも、何十冊ものシリーズになっていて、事実おもしろい。
そこまで有名でなくても、猫が主人公のミステリは、けっこうある。
それなのに。
犬シリーズは、あまりない。
現実には、警察犬やら麻薬犬なんかが存在するのだから、もっとあってもいいと思うんだけど。

で。
この本。「黒ラブ探偵1」とあるから、少なくとも「2」は出るんだろうけど。
ホームズやココには、ちょっと及びそうもないかも・・・・(私見・偏見ね)


ぼくの名はランドルフ。文学通で、新聞だって毎日書かさず読むけど、正真正銘の犬、黒ラブラドールだ。ご主人はお人好しの新人画家、ハリー。困ったことに、ハリーが匿名の招待状に誘われるままい、のこのこ怪しい降霊会に顔を出すものだから、殺人事件に遭遇してしまった!(文庫裏表紙より抜粋)



ミステリとしての出来は、まあ、ごく普通。
2つの謎が平行していて、殺人事件は解決するが、もう一つの謎・飼い主の恋人失踪の謎は、そのまま。思わせぶりに終わっている。
たぶん、シリーズを通しての謎になるのかな。
そのあたりの構成は、おもしろそう。

だけど。
犬本として大事なのは、登場人物の魅力。

黒ラブ・5歳男子・ランドルフ・運動嫌いで肥満気味。
愛読書はダンテの神曲。
人間の感情(怒り・嘘・不安など)をかぎ分けることができる。

ダイエットのためスイミングやヨガを強制されてむくれたり、ごはんにケチつけたり、太っていると言われて傷ついたり。
バッタ系ラブじゃなくて、置物系ラブね。
そのへんの描写は、かわいくてよい。
飼い主に推理を伝えるため、アルファベットビスケットを鼻先で並べるシーンも、なかなか。
(鼻が湿っているから、ビスケットが崩れてきて大変。だけど、ラブなら、ついつい、食ってしまうはず。そこが抜けているのはおかしい!)

でも、文章が硬い。
犬の一人称のモノローグで展開していくのだが、その日本語が、こなれていない。
もともとそんな文章なのか、訳文の問題か。
感情移入するのに、文章がじゃま。(えらそ〜だな)
だから、登場人物の性格が伝わってこない。

というわけで。
私の感想としては、この本の魅力は表紙につきる。
2冊目も、表紙がかわいければ、たぶん、買い。
[文芸]小説 comments(0) trackbacks(0)
手作りがかわいい、イヌの服 (SEIBIDO MOOK)
「おうちで作る、イヌの服」の出版社からの第2弾。

「おうちでつくる〜」は、数ある犬服本の中で、もっともお気に入り。
大型犬サイズは載ってないんだけどね。
この本の型紙は、袖付けの仕方が、他の本と違う。
犬の体型をよく考えてある。
服のデザインも、シンプルでオシャレ。
応用が利くし。
写真も、いい感じなんだな。

だから、ずっと待ってたのよ、新しい本。

で、内容。
服より小物に重点。
服も載っているけど、これは、まったく第1弾には及ばない。
小物は、おもちゃ、アクセサリー、バンダナ、ショーツなど。
スッキリしたデザインのセンスのよさは、あいかわらず。
気に入りました〜。

-----------------------------------------------

服を作りたい人は、第1弾のこちらをどうぞ。
(型紙サイズ : 中型犬まで)

おうちで作る、イヌの服―カワイイを着てでかけよう! (Seibido mook)
おうちで作る、イヌの服―カワイイを着てでかけよう! (Seibido mook)
成美堂出版編集部
[洋裁・手芸]犬の服 comments(0) trackbacks(0)
しゃべる犬 カイくんのひとりごと
これ。
顔見てわかるかしら。
ソフトバンクCM・白戸家のおとうさん。

今、いちばん好きなCM!
次々に、新しいのを作ってくれるし。
この前やっていた「同窓会編」、哀愁たっぷりでよかったし。
それから「家ではお母さんでしょ」「はい、校長!」も好きだったな〜。

ところで。
「お父さん」は、なんと2頭で演じているらしい。
カイとネネ。
撮影で複数犬を使うのは普通のことらしいけど。
「お父さん」にメス犬?
だって、それじゃ・・・・・・・あれが・・・・ねえ?

写真、何度も見返してみたけど、2頭の見分けは、まったくつかず。
どっちにせよ、他犬種は、ぜ〜んぶ同じ顔に見えるんだけどね。
たとえGRだったとしても、無理かな。
見分けられたら、影武者の意味ないもんな。

で。
この本の評価だけど。
お父さんは、CMだからおもしろい。と、はっきりわかった。
写真見るだけなら、Pちゃんのほうがかわいいも〜〜ん。

2冊目も出ているらしいけど、もういい。
[写真]犬写真集 comments(0) trackbacks(0)
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ
ホリスティックケアとは、健康を肉体・精神ひっくるめて、全体的にとらえてケアする方法らしい。
現代医療は、肉体だけを診る。
レントゲンや血液検査に、「ココロ」は写らないからね。
で、ホリスティックケアは、そういった現代医療にくわえて、犬の気持ちを理解し、状態を観察し、犬の気持ちにそった、犬にとって有用な治療をおこなうもの。

・・・・・アタシに、できるか?そんなこと。

ホリスティックの考え方は、今までも、ちらほらと見聞きする機会はあった。
興味がないでもなかったけれど。
何となく、近寄りがたかったのは、自信がなかったから。

犬の気持ちを理解するなんて・・・・アタシには、無理。

満腹させて、遊んでやって、散歩させて。
うれしいんだろうなあ、満足そうだよね。アタシもうれしいよ。
撮影のために、無理なポーズ要求したり、爪切って出血させたり。
嫌なんだろうな。不満だろうな。(けど、まあ、我慢せえ)
そのくらいが、アタシに理解できる限界。

今、アナタはどこが苦しいのか。
どうして欲しいと思っているのか。
・・・・そんな高度な会話、できまっしぇん。

だから敬遠していたんだけど。
ちょっと、近づいてみたくなったのは。
ゆみごろうさんとエフィちゃんに、感化された。というか、感動したから。

いつでもエフィちゃんの「ココロ」を最優先させるゆみごろうさん。
余命宣告を大きく乗り越えちゃったこともすごいけど。
エフィちゃんが、いつも、表情豊かに過ごしていることが、さらにすごい。
長生きするより、もっと大切なこと。
生きている時間が、充実していること。シアワセであること。その子らしくあること。
(QOLってヤツね)

大師匠のマネができるとは、思ってない。
アタシには、そこまでP太郎の「ココロ」は、理解できない。(残念ながら、断言ですよ)
でも、ちょっとは、努力してみてもいいんじゃない?

ホリスティックケアの具体的な手法には、
 ・手で癒す (マッサージ・Tタッチなど)
 ・食で癒す (ローフード=生食)
 ・植物の力で癒す (バッチフラワーレメディ・アロマセラピーなど)
がある。

「犬と会話する」なんて高度なことは、とりあえず、おいといて。
やれそうなことから、やろうじゃないの。
マッサージとTタッチね。
P太郎は、関節炎だし。(もちろん、いきなり患部に触ったりはしない。遠くからね)
散歩時間が短くなってる分、コミュニケーションとしても、よさそうじゃない?

というわけで、この本なのだ。
ホリスティックケア全体の概説があって。
なかでも、特にマッサージについて詳しく書かれているようだったのでチョイス。
発行年度は、少し前になるけど。
(犬モノは、今、日進月歩で変わりつつあるので、3年前の情報ではもう古いということもある・・・ひえっ!)
この作者(松江香子)の本は、たくさんあった。

実際に、マッサージをしてみると。
この本の情報だけでは、少ない。
よくわからん部分が、多い。
マッサージだけを取り上げている本も必要そう。

でも、マッサージだけが目的ではないから。
P太郎と会話しながら(・・・できるのかっ?)、コミュニケーションとしてのマッサージが目的だからね。
最初の一歩としては、なかなか、よい本だったと思う。

そのうち、マッサージ本とか、マッサージ経過とか、P太郎との会話とか(・・・・・ああ、思いきり無口になりそう!)、続報をお届けの予定。
[犬の健康] comments(0) trackbacks(0)
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
手作りごはんのカリスマ・須崎恭彦の3冊目。
今までの本の中で、一番、わかりやすい。
内容は、前2冊と大きく変わってはいない。
とくに、気楽に取り組むことを勧める2冊目の路線を引き継いでいる。(1冊目は、栄養計算等が厳密で、ややハードル高く感じられる)
表現がわかりやすく、かみくだいてある。そして、なによりビジュアル的に、見やすい本。
手作り食のメリット、犬に必要な栄養素、手作りする上での注意点、具体的なレシピ例が載っている。
プチ病気(あまり重症でない病気という意味らしい)は、手作りごはんで改善することができるとして、様々な症例とその病気にむく食事レシピも紹介されている。
レシピは、どれも、身近な食材で、経済的にも技術的にも時間的にも、誰にも作れるものばかり。

手作り食にするかどうか迷っている、これから始めてみようと思っている人のはじめの1冊には、ぜひおすすめ。
[犬のごはん]須崎本 comments(0) trackbacks(1)
おうちで作る、イヌの服―カワイイを着てでかけよう! (Seibido mook)
作り方が詳しい。
とくにサイズの補正の仕方。
[洋裁・手芸]犬の服 comments(0) trackbacks(0)
キレイに撮りたい! ~デジカメで楽しむ、毎日の写真術
入門書に近い一冊。
デジカメは、何もかも自動でやってくれるので、シャッターを押せば、それなりの写真が撮れる。
何も知らなくても、不自由は感じない。
いろんな機能がついているんだけど、使いこなしていない、意味がわからないし〜。
という人(私だよ!)に、基本のキを解説する本。
難しい用語や、細かすぎる説明は、いっさいなし。
それでも、読み終わると、絞りやシャッタースピードのことが、少しはわかっちゃうし、イチデジのいろんなモードも使えるようになる。
構図や、撮る対象別の解説ページもあるので、広く浅く、知識が身に付く。
カメラや写真の本は、驚くほどたくさんあるけど、広く浅くの本は、意外と少ない。

子どもや犬を撮りたい。
旅行に行けば風景も撮るし。
たまにはお菓子や料理もブログで紹介したいし。
そんなカメラマンさん(だから、それは私)におすすめ。

[写真]犬を撮る comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>