犬のご飯本・ハンドメイド服本がメイン。老犬介護本も増加中。犬が登場する小説・絵本なども。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
犬のかわいい手づくりグッズ
了戒 かずこ
青春出版社
¥ 1,575
(2007-09-29)

 犬服のカリスマ・了戒かずこさんのグッズ集。
デザインは、どれもかわいい。
作り方は・・・・こういう本は、たいていどれもそうなのだけど、本当の初心者には説明が不親切。
技術的には、ものすごく難しいわけじゃない。丁寧に図解してあれば、初心者でも作れるはずなのに、1行(というか、数文字)の説明ですまされちゃっているから、意味がわからない。だから、作れない、もしくは、出来上がりが残念・・・・ということがありそう。
もちろん、全部細かく説明していたら、辞書みたいに分厚くなっちゃうのかもしれないけど。
慣れている人なら大丈夫。
比較的短時間でできるものばかり〜♪
実用性は、小型犬にはいかもしれない。(無責任な発言・・・飼ったこともないのに)
大型犬には、あまり役に立ちそうもないかも。
そもそも、細々したグッズなんて、数秒で破壊されちゃいそうだし・・・(あら?うちだけ??しつけの問題?・・・・ごもっとも。)
- - -
小型犬のためのおしゃれな手編み
 編み物は、時間がかかるからついつい、敬遠してしまうのだけど。
(ええ、オットのために手編みセーターなんか編んだこともあるんですが・・そして迷惑がられた・・・涙)
小型犬用なら、あっという間かも。
編み図はすべて小型犬用のものだけれど、目の数を単純に数倍すれば(たぶん胸回りサイズを基準にすればいいと思う)、大型犬用サイズになるのではないかしら。(試していません。ダメかも)
ゴム編みのセーターは、ミシンで作る服よりもずっと大きさに融通が利くはずなので、編み物が得意な方には、ぜひ挑戦してみていただきたい。
[洋裁・手芸]犬の服 - -
愛犬がよろこぶ手づくりごはん
 古い本だが、レシピに古いも新しいもないもんね。
レシピは、凝ったものが多く、毎日の食事にはむかない。
行事ごとのレシピなど、イベントには、いいと思う。
変わった食材の使用やとくべつに難しい手順も不要。
[犬のごはん]レシピ本 - -
イヌに手づくりごはん
 須崎本の2冊目。
1冊目が、かなりハードルが高く、どちらかというとトラブルを抱えた子のためのごはん本だったのにくらべると、この本は、健康な犬のための基本ごはんが中心。
自然治癒力を高めるための手作りごはん、という位置づけ。
まだまだ、手作りごはんが普及していない頃の本なので、まだ、ちょっとハードルが高い。
本の内容もこなれていなくて、3冊目以降に比べると、読みにくい。
それでも、1冊目と比べたら、格段に写真も多く、見やすい作りになっているけど。
いま、時間をさかのぼってまで、この本を購入する必要は、特に感じられない。
- - -
7歳からの老犬ごはん

須崎恭彦
MCプレス
¥ 1,575
(2007-09-15)
 この頃は、ドッグフードでもライフステージ別(それもけっこう細かく)なったものが出ている。
そんなのを見ると、手作りごはんの場合は?と不安になることも。
それに応えるのが、この「7歳からの老犬ごはん」。

基本のレシピは、今までの須崎ほんと変わらない。
老犬だからって、基本は同じってこと。
でも、消化吸収のよい食材の解説もあるし。
アンチエイジングレシピ&病気対策レシピも、頼りになりそう。

老犬ごはんだからって、特別な調理方法や特別な食材が必要な訳じゃない。
でも、ちょっと気を遣ってあげるだけで、この先、大きな差が出てくるかもしれない・・・と思わせてくれる本。
須崎ファンも、そうでない人も。
7歳になったら、この本、おすすめです。
ドッグフード派の人にも、老犬の栄養のことが勉強できて、おすすめ。
[犬のごはん]須崎本 - -
kitchen Dog 犬たちのデザートレシピ DVD
 あのキッチンドッグ(自由が丘)のオヤツレシピのDVD。
きっと、おしゃれでヘルシーなオヤツレシピ満載なんだろうな〜。とか。
犬も出てくるんだろうか。どんな犬種だろうか。GR出てくるかな〜?とか。
わくわくする気持ちはあるけど、まだ見てません。
レシピDVDか〜。
本より高いからねえ。
でも、買っちゃおうかなあ・・・・迷い中。
[犬のごはん]オヤツ - -
Dr須崎の愛犬らくらく健康ごはん
 須崎本最新刊。
今回は、料理研究家とのコラボによる、レシピ本。

この頃ハイペースで出版されているけど、内容は、わりと似た感じ。
すべてを揃える必要は、なさそうに思える。
いや、全然ない・・・揃えてるけど、私。

今回の最大の特徴は、写真がきれい!
いかにも、レシピ本だなあ〜〜という料理写真になっている。
うまそうです。
これを犬に食べさせちゃうか?!というくらい。

レシピそのものは、今までと同じ路線。
基本のレシピと、トラブル対応食。
尿結石、膀胱炎、肝臓病、てんかんなどのトラブルへの対応レシピ。

- - -
かんたん!手づくり犬ごはん
 メニュー中心の本。
犬ごはんの基本についても、解説はあるが、ほんとうに簡単にまとめてある。
犬ごはんの基本はすでに理解している人向け。
または、ベースはドッグフードで、たまに手づくりしてみたい人にも。
難しいことは考えずに、とにかく、実行に移したい!という人にも。

メニューは、気になるトラブルごとに作ってある。
そのまま作らなくても、そのトラブルに効果のある食材が示してあるので、応用が利く。
手の込んだメニューや、手に入りにくい食材もないので、気軽に取り組める。

本全体も、写真が大きく、文字は少なく、余白が多く。
パラパラッと見て、わかるようになっているので、取っつきやすい。

それだけに。
すでに須崎本を何冊か持っている人なら、あらたに購入する必要はないともいえる。

初期の頃の手作りごはんと違い、どんどんハードルが低くなっている。
初期の本しか持っていない人は、どれでもいいから最近の本(ハイペースで出版されている)を1冊購入されると驚きます!

[犬のごはん]須崎本 - -
かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食(文庫)
 2002年発行、須崎先生の第1作目の手作り食本の文庫版。
内容レビューについては、単行本の記事を。
 →こちら。「かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食」
[犬のごはん]須崎本 - -
高齢犬のキモチがわかる本
この頃、老犬本がどんどん出版されてる。
それだけ、老犬が増えてきてるんだよねえ。ペットブームから10年以上だもんね。
出版が増えれば、よい本も増えるわけで。
ありがたい限り。

この本も、おすすめ。
具体的!詳しい!!
ここが、最近出版される本と以前からの本の違い。

以前の本には、How toが欠けていたと思うのね。
「年をとっても散歩は続けましょう」って言われても。
足が痛いんじゃ。嫌がっとるんじゃ。
どうすりゃええのよ?

この本は、詳しいよ〜。
・散歩コースを見直してみたら?
・途中で休んだり、遊びを入れてみたら?
・ハーネスを使ってみない?
・足を引きずるなら靴下は?
・大型犬を立ち上がらせるには・・・
・後脚の歩行補助ハーネスは・・・
・抱っこして移動するコツは・・・(大型犬は無理。)
・犬用カートは・・・
・もしかして、ホルモンバランスの問題かも?
具体的な商品まであげて、説明してるのね。
惜しいことには、商品が1つしか載っていない。タイアップ?
比較できるように複数載せてくれたらいいのに。
雑誌じゃなきゃ無理かなあ。
そういえば、この本の出版元は、エイ出版。雑誌RETRIEVERの。

ほかにも、おしっこの出させ方。
足が悪い子の支え方から、膀胱の押し方まで!
う〜ん。
そこまで考えたことなかったけど、確かに、いつか必要になるかも。

もちろん、ほんとうに、介護が必要になってきたら。
どれだけ詳しい本であっても、1冊の本で、すべてをカバーするなんて不可能。
1頭1頭、症状も反応も違うだろうし。
試行錯誤でやっていくしかないことは、わかるけど。
やはり、道しるべになってくれる先生や先輩や、本、サイトが欲しいと思う。

前に紹介した「老犬生活 完全ガイド」が、私はとても気に入っているんだけど、この本は、厚みが倍はあるので、その分詳しいかも。
(だけど、レイアウト、記事、総合的には、老犬生活完全ガイドの方が好きかな)
ちなみに、監修しているのは、若山正之さん。「老犬生活完全ガイド」の著者。
なんだ〜〜。仲間じゃん。
この先生の考え方、信頼できちゃう。
もっと近かったら、かかりたいわ〜〜。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
[老犬]老犬介護 comments(37) trackbacks(0)
| 1/3 | >>